不動産はジックリ探すと良いです|焦りは禁物

婦人

値段の決め方

建物

相場を知らないと駄目

マンション売却をする際に、地価が上がっているから、買った時より高い金額をつけても問題ないのだろうと迷う人もいるようです。結論から言うのであれば、自由にして構わないということになります。なぜならこの時点ではオーナーの所有物ですから、マンション売却価格をいくらにしようが誰に咎められる筋合いはないです。ただし、相場を無視したマンション売却価格に設定されているものは売れにくいです。その理由は単純で、マンション売却価格が高い場合だと買い手側は儲からないため、手を出しません。逆に安過ぎると何か問題があるのではないかと勘ぐられ、やはり敬遠されてしまうため、マンション売却をするならとにかく適正価格にするのが基本であることを肝に銘じましょう。

どのようにして調べるか

一体どのようにしてマンション売却価格を決定すれば良いのかというと、そのエリアでの相場を知ることから始めておきます。新聞や雑誌などに載っている広告の中で、所有している物件の間取りと近しいものを集めて、いくらで売りに出されているのかを見ておくと参考にできます。また、長い期間にわたって同じ物件が出ている、徐々に値段が下がっているというのであれば、そのマンション売却価格は適正ではなかったということもわかって便利です。ただ、これでも不安というのであれば、不動産会社に連絡して査定をしてもらっておくことをおすすめします。複数のところにお願いしておき、その平均を出しておくことで相場が見えてくるので、やっておく価値はありです。